資産活用の方法でマンション経営にメリットがある三つの理由!

安定収入が魅力!長い目で見てマンション経営が有利

資産運用の方法の一つにマンション経営の方法があります。このマンションを経営することのメリットの一つは、安定した収入が得られる点です。マンションからの賃料が、毎月一定額が長期に渡り収入として得られます。空き室対策などは必要であるものの、賃料収入に大きな変動がないのが魅力ですね。特に老後は収入源が限られてしまうことから、早めにマンション経営に乗り出して将来の老後に備えるのが有効な資産運用の方法でしょう。

マンション経営で資産を分散!不動産で物価変動に備え

マンション経営のためマンション物件に投資することは、資産の安全な運用ができるメリットがあります。全ての資産を現金で所有するのはリスクがあるでしょう。他の資産にも分散投資すれば、大きな経済の変化にも対応可能です。現金資産に加えて、不動産などにも分散投資すると、景気変動に備えられますね。不動産は変動の少ない安定的な価値を持った資産であるため、現金を不動産に変えてマンション経営に乗り出す意味があります。

節税に効果あり!マンション経営で税負担を軽減

マンション投資は、節税の手段としても注目を集めています。不動産に投資を行うと、まず所得税の節税に効果があるでしょう。マンション経営の必要経費を計上すると、赤字の場合には所得税の還付が受けられます。また、この所得税への節税効果は同時に住民税の節税にも波及します。さらに相続税の面でも、マンション経営の節税効果は大きいです。現金で相続するよりも不動産を相続した方が、収める相続税の負担は小さくて済みます。

トラストインベストメントのトラストは『信頼=TRUST』であり、人と人とを信頼でつなぐ仕事です。初任給30万という業界トップ水準の給与を掲げ、不動産を中心とした事業展開をおこなっている企業です。