ワガママを聞いてもらえる?工務店だからこそのコダワリ注文住宅

無理ですを言わない注文住宅ってワガママ?

建売住宅は建築段階のチェックが出来ないので、欠陥が含まれていても分かりません。葛飾区のような用途地域が細かく分かれている地域では、高さ制限や地下制限などギリギリに建てられた住宅ほど後のメンテナンス時に近隣と揉めてしまうので怖いものですよね。工務店に依頼した注文住宅ならば、街並みに合わせた景観に対する配慮や建築途中で確認可能となり、完成まである程度自分で管理が出来るので安心です。終の棲家にしようと考えているなら工務店に任せたいものです。

自社雇用の職人を使っている工務店は手際が違う

下町方面には、宮大工も兼ねた昔からの大工が多く住んでいます。工務店の中には全て自社雇用の大工職人のみで戸建て建築施工を行っている業者もいるので、見ていると手際の違いに唖然としてしまうくらいですよ。都内は土地が郊外に比べて狭く3階建や地下更には蔵造りなど固定資産税対策を施した注目住宅が目立ちます。狭い土地を有効利用するための空間の使い方は、ある種芸術作品を見ているような感覚にさえなるものですよ。設計図を見ただけではチンプンカンプンという提案を受けた場合には、面白い工夫が隠されているので紐解いてみると面白いです。

土地の特性を見極める必要があります

東京湾に近く、川に囲まれた地域が多い下町では、埋立地が多く存在します。高層マンションが立ち並ぶ地域は埋立地というケースも多いのですが、戸建て向けの土地についても購入時から確認しておく必要があります。地元の工務店に土地購入段階から相談する人がいるのは、歴史を知っている担当者が多く存在するためで、不動産会社は信用出来ないけれども工務店なら安心という代々の付き合いがある家庭も多いのです。家を建てる土地選びから一緒に相談出来る工務店と巡り会えたら良いですよね。

足立区で自宅のリフォームや改築などを検討しているなら、足立区の工務店がおすすめだといえます。実績や信頼性が高いので、リフォームや自宅の改築を安心して任せることができます。