賃貸生活を前に知っておきたい賃貸交渉の極意3つ

交渉は積極的に切り出すこと

賃貸物件を借りる際には交渉ができるということはよく知っておいた方が良いことです。交渉次第で家賃が少し減ることもあれば、初期費用を減らせることもあります。その極意として一つ目にが上がるのは積極的な切り出しです。あまり遠慮がちになっていると不動産会社の方が強気に出てきてしまって交渉がうまくいかないことはよくあります。交渉で費用が下げられるものだと決め込んで、まずは強気で積極的に交渉に乗り出すこと大切です。

一つでも根拠を見つけること

強気に出るために必要になるのは交渉の根拠です。たった一つであっても家賃を減らしたり初期費用を下げたりして欲しいと言える根拠を見つけることが交渉を成功に導きます。近隣の物件に比べて設備が劣っていたり、家賃が高かったり、築年数が長かったりといったところが手頃な指摘な観点です。内覧をしたときにあら捜しをしておくことも大切であり、傷や汚れ、設備の不備などがあった場合には、それを根拠にして値引き交渉を行うのが得策でしょう。

下げにくいところから下げやすいところへ

交渉の基本は下げにくいところから始めるということです。まずは根拠をもって家賃を下げに行きましょう。不動産会社もオーナーも一番大きな影響を受けるのが家賃であり、下げにかかるには最も重要な点です。それが駄目であったら礼金やクリーニング代などの初期費用に目を向けましょう。それもなおうまくいかない時には設備投資を依頼するのも良い方法です。不満を持っている設備を新しくするという条件はオーナーにとっては悪いことではない場合もあり、成功しやすい交渉の方法です。

札幌市清田区の賃貸マンションは、テレビモニター付きのインターホンが取り付けられているので、女性の一人暮らしでも安心です。